扇風機を活用して夏の電気代を節約

夏の電気代は、冷房をフル稼働させるものだからどうしても高くなりがちです。扇風機を使って節約をしましょう。

扇風機を活用して夏の電気代を節約

扇風機を活用して夏の電気代を節約 夏の暑い盛りになると、冷房が欠かせなくなるでしょう。冷房をつけっぱなしにして、一日中つけたままという家庭も少なくないのではないでしょうか。しかし、冷房一日中つけていると、かなりの電気代となってしまうでしょう。したがって夏の間は、いかにしてこの冷房の電気代をかからないようにするかが、節約の勝負どころとなるのです。

冷房と同時に、扇風機を併用すると、だいぶ電気代を浮かせることができます。扇風機は、もちろんそこから直接涼を取ることもできますが、冷房と併用で使う場合においては、また違った使用方法をします。扇風機のスイッチを入れて、首振りにしてそのままずっと運転させておけばよいのです。その上で、冷房を弱にして、設定温度も上げれば、これで準備は完了です。扇風機が空気を部屋中に運んでくれます。それは冷房の涼しい空気を部屋中に運んでくれるのです。これによって、冷房の作業効率が格段に上がって、少ない電力で部屋を効率よく涼しくしてくれるのです。そのうえ扇風機の電気代などは微々たるものであるので、いくら稼働させたところで家計には痛くもかゆくもありません。これによって、冷房を常に設定温度を高いままにしておけるので、かなりの電気代の節約になるのです。

Copyright (C)2014扇風機を活用して夏の電気代を節約.All rights reserved.